古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2017年5月28日日曜日

週末は関西へ その4 京都さんぽ

関西遠征、2日目です。

17.5.20  白川浄土寺

朝の散歩は市電見学から始めます。
以前から訪問したかった京都コンピュータ学院の保存車です。
最近再塗装されたようで、綺麗な姿でした。



帰り道には早朝の平安神宮を参拝。
人がいない時間帯の参拝は気持ちよいです。


2466 17.5.20 神宮丸太町

食事後は、京阪電車で移動します。


17.5.20 伏見稲荷大社

目指すはこちらです。
今や外国人人気観光スポット国内第一位です。

千本鳥居

ここ、始めてきました。
この場所で人が入らないカットを撮るのは結構大変です。
因みにちょっとのことで、この後は芋洗い大渋滞になりました。

17.5.20 稲荷

この駅も外側から見たのは初めてです。

クハ103-246 17.5.20 稲荷

今や103系最後の牙城、奈良線で次の場所に移動します。

17.5.20 平等院

次の場所も定番観光ポイント。
ここも始めて来ました。
想像以上に素晴らしい風景でした。

御朱印も

御朱印もしっかり頂きました。

17.5.20 宇治ー黄檗

参拝後はもちろん、ここでお電車撮影です。


17.5.20 宇治ー黄檗

待てばくるくる、103けー。
今やそんな場所はこの奈良線位じゃないでしょうか。

17.5.20 宇治ー黄檗

久し振りにウグイス色電車を堪能しました。

10003 17.5.20 宇治

行きはJRでしたが、帰りは橋の脇から発車する京阪電車を利用することにします。

モハ7189 17.5.20 泉佐野

南海電車でいよいよ目的地へ向かいます。

2017年5月27日土曜日

週末は関西へ その3 ケーブルカーで山越え

関西電車行脚、3回目です。
前座が多く、なかなか本来の目的地に着きません。
今回はケーブルカーで山を越えて京都に入ります。

17.5.19 ケーブル坂本

ケーブル坂本駅に到着です。

17.5.19 ケーブル坂本

駅舎内部の様子がです。
昭和2年の建築で、当時の雰囲気が残った落ち着いた雰囲気です。

17.5.19 ケーブル坂本

車輌のほうはさすがに更新されています。
駅ホームの上屋はなかなかの年代ものです。
坂本ケーブルは日本一の路線延長だそうで、2Kmを超えるそうです。



車内から交換風景を撮ります。
この坂本ケーブルで意外だったのはケーブルカーにつきものの架線が無いことです。
開業時の写真では架線がありますし、駅の部分には架線があり、車輌にもパンタグラフがついていますので、車輛更新に合わせて、駅で充電する方式に変更したのかな?と思いました。
架線の無いケーブルカーはちょっと違和感がありました。
後で調べてみたら、車輛更新時は全線に架線が残っており、2006年に蓄電池化して2007年に架線は撤去されたそうです。これにより視界をさえぎる障害物が減少したほか、倒木などで架線が切れることがなくなり短時間での復旧が可能となった、と書かれていました。
なるほど。

17.5.19 ケーブル延暦寺

延暦寺駅に到着です。
こちらも昭和2年の開業以来の立派な駅舎です。
来た甲斐がありました。

17.5.19 ケーブル延暦寺

駅舎の内部は坂本駅以上に凝っています。
更に二階は展示室と展望室になっており、琵琶湖が見渡せます。

御朱印も・・

その後は一般的観光客です。
初めての延暦寺の山ごと境内のような中をハイキング気分でまわりました。
最近始めた御朱印もしっかり。
見たいお電車が激減した今、新たな楽しみになりそうです。


17.5.19 比叡山山頂

 参拝後はシャトルバスで山頂へ。

今度は下山

今度は八瀬方面に下山します。

17.5.19 比叡山山頂

こちらはまずロープウェイで降りてゆきます。
坂本ケーブルは京阪系の経営ですが、こちらは京福に経営です。
駅施設はかなりお疲れモードで、世界遺産へのアクセスとしてはちょっと悲しい雰囲気でした。

17.5.19 ロープ比叡

ロープ比叡駅に到着です。

17.5.19 ケーブル比叡

ケーブルカーに乗り換えです。
下山するのに階段を上ります。
こちらの駅舎も年代ものですが、表側だけ不細工に化粧をしているので、バラックみたいに見えます。

17.5.19 ケーブル比叡

ケーブルカーに乗ります。
坂本ケーブルは長さ日本一でしたが、こちらのケーブルカーは高低差は561Mあり、ケーブルカーとしては日本最大の高低差だそうです。
ケーブルカーのお顔がどことなく京福顔ですね。

17.5.19 ケーブル八瀬

八瀬駅に到着です。
こちらの駅舎は開業時の雰囲気を残していて、好感が持てます。

17.5.19 八瀬比叡山口

八瀬の駅は相変わらず素晴らしいです。
近年、更にレトロ調に改修されたようです。

17.5.19 八瀬比叡山口

17.5.19 八瀬比叡山口

折角なので新兵器カメラのレトロ調モードで撮ってみました。

17.5.19 神宮丸太町
 夕暮れを迎える頃、京都市内に到着しました。

うどん屋さんで夕食

うどん屋さんで夕食。

本日の宿泊先

本日の宿泊先は京都らしい町屋のお宿。
長い一日が終わりました。

2017年5月26日金曜日

鶴見線 浅野にて

鶴見線の浅野駅といえば海芝浦と扇町方面に分岐する駅ですが、目線はどうしても海芝浦方の線路や複線クロスのある鶴見方を見てしまいますが、扇町方もそれなりに鶴見線にしては絵になります。

クモハ12053 96.3.11 浅野

夕方のお勤めにご出勤のクモハ12形。


クハ100-17 90.2.24 浅野

同じ場所でクハ100形。

モハ100-808 90.2.24 浅野

中間のモハは低屋根が虚しい800番台。

クモハ101-239 90.2.24 浅野

冷房の付いた101系、最後の活躍です。

2017年5月25日木曜日

週末は関西へ その2 石山坂本線

関西遠征、次の目的地に向かいます。

モハ803 17.5.19 新八日市

新八日市からはこれで。
何度見ても、きっと一生好きになれそうにないお顔です。

クハ111-5715 17.5.19 草津

草津で新快速から乗り換えの時に見た抹茶色の113系。
113系、久しぶりに見た気がします。

17.5.19 膳所

膳所で下車。
駅は改築中のようでした。

618 17.5.19 錦

錦駅をちょっと見学して。

17.5.19 膳所本町

膳所本町に到着。
以前こちらの街並みが気になっていましたが、車窓から見ただけだったので今回は歩いて行ってみました。


702 17.5.19 膳所本町

前回も運用初日に会った80形復刻塗装車にも会えました。

17.5.19 膳所本町

膳所本町駅は色々と見どころの多い駅で、今回の京津線訪問では一番に行きたかったところです。

17.5.19 膳所本町

この辺りの道路との取り合いや背景の木々とのマッチングも魅力的です。

17.5.19 浜大津

ここからはお電車で、かぶりつきです。


17.5.19 市役所前

三井寺から先は線路の規格が俄然よくなります。
ジェットコースターのようなアップダウンも新鮮です。

608 17.5.19 松ノ馬場

松ノ馬場で下車して600形を待ちます。
広告塗装でない車両とはタイミング悪いとなかなか出会えません。

607 17.5.19 松ノ馬場

二番目のミッション、ひとまず無事クリアです。


17.5.19 ケーブル坂本

松ノ馬場駅からは古い町並みを散歩しつつ坂本ケーブルを目指します。