古い建物や街並みをめぐる紀行・地方電化私鉄以外の駅関係の写真については兄弟ブログ(「古い建物と街並みをもとめて」・アドレスは右側の兄弟ブログらんの「古い建物と街並みをもとめて」をクリックしてください)にアップすることにしました。  こちらも是非ご覧下さい(但し、こちらのブログは駅の写真以外は鉄分ほとんどありません。悪しからず)。

2016年8月24日水曜日

ブロガー対談@高田馬場

以前Cedarさんと地方私鉄の話をしていた折に、Katsuさんの鉄道風景描写が素晴らしいね、という話になり、それでは一回三名で話をしましょう、ということになりました。
そして、昨晩それが実現しました。

本日はその3名のブロガー対談前後のお話です。
Katsuさん➡http://umemado.blogspot.jp/?m=0
Cedarさん➡http://cedarben.blog.so-net.ne.jp/


まずは前座です。
お約束の時間までは、恒例のプチ電車遊びです。

16.8.23 高田馬場ー下落合

この場所は昔一年間お世話になった場所で、実にそれから37年ぶりで訪れました。
前パンの旧2000系を殿にした旧2000系10連。

クハ1445 79.10.27 高田馬場ー下落合

こちらはその37年前の画像です。
お世話になった建物が写り込んでいます。
今はもう無くなってしまい、建物は特養ホームになっていました。
新目白通りも緑が増えました。


16.8.23 高田馬場ー下落合
何とピンク色のぱみゅぱみゅ電車が上って来ました。
これは池袋線しか走らないのかと思っていました。


16.8.23 高田馬場ー下落合
昨日の大雨とは打って変わった夕陽に黄色い電車が結構素敵に見えました。

16.8.23 高田馬場

そして、暮れなずむ頃に高田馬場駅へ向かいます。

乾杯イエイ
そして、乾杯イエイ!
地方私鉄の話から、その鉄道風景が実に人々の生活に密着しているかという話や、当時のフィルム事情や鉄旅事情の話など貴重な話が続々。
また、三者三様のブログの運営の仕方や苦労している点なども参考になりました。

Cedarさんの吊り掛け動力

こちらはCedarさんが持ってきたOゲージの吊り掛け動力。
HOゲージでもだんだん浸透してきた吊り掛け動力はOゲージでは主流になっていますね。
パシフィコ横浜でもその静かな走りと平ギヤ特有の惰行の効く姿をいっぱい見てきました。
Cedar流吊り掛け動力はこちら
http://cedarben.blog.so-net.ne.jp/2016-08-22


16.8.23 中井

あれこれ話していたら、あっと言う間に三時間半が経っていました。
夏の夜、楽しいひと時でした。


2016年8月23日火曜日

西武の古典電機機関車

西武鉄道はご存知のように日本が電化当初に試験的に導入した外国各社の電気機関車が活躍をしていました。
本日はその西武の古典電気機関車のリバーサル画像です。

E71とE52 85.2.16 飯能

イギリスアメリカとスイスの機関車が手を組んで仕業待ち中でした。

E61 81.1.24 狭山ヶ丘


狭山ヶ丘で待避待ちの下り貨物列車を牽引するのはアメリカンなE61。
こちらは、先日模型も完成しました。

E41 81.1.24 所沢

所沢に機関車の車庫がありました。
名称も『所沢車両管理所』と言いました。
こちらはその所沢車両管理所で上信電鉄の101として回送を待つ451系電車とE41です。

ここからは宣伝?です。




先般発売されたED11とED14のディテールファイルの本にも私のE61形の画像が掲載されました。


2016年8月22日月曜日

JAMでのミッション、無事終わりました。

昨日のJAM最終日はクリニックを担当、最終日の閉場間近の時間帯にも関わらず、おかげさまで大入りのお客様を迎えて無事終了することができました。

クリニックの様子です
Photo by Nobuaki Ishii

クリニックの様子です。
様子の撮影はノーブルジョーカーの石井さんに無茶振り担当いただきました。

最初はワンマンショーの予定でしたが、他の方が結構ペアで掛け合いをされているのを見て不安になって、急きょチームおやびんの大久保さんにお相手をこれまた無茶振りしちゃいました。
何の打ち合わせもせずのぶっつけ本番でしたが、さすが!大久保さん、バッチリフォローをして頂きました。
おかげさまで、孤独に耐えること無く平和に楽しく進行することができました。

実演中
Photo by Nobuaki Ishii

クリニックでは地鉄電車の妄想編、モジュール製作過程編、実演編の3部構成でやりました。
実演は考えていなかったのですが、babaさんや大久保さんがやる、という話を聞いてパワポおしゃべりだけでは手抜きが露呈しそうなので、これも急遽やることにしました。

クリニックの様子です
Photo by Nobuaki Ishii

クリニック終了後の様子です。
パシフィコ横浜でもお世話になっている、チームおやびんのおやびんも応援に駆けつけていただきました。
観客の皆さん、お越しいただき誠にありがとうございました。
感謝申し上げます。


変わった蒸気に参戦


NGJのブースでは、作品を置かせていただきました。
今回のテーマは「変な蒸気機関車」です。
私はOn30のスティームトラムを展示しました。
廻りの黒いのとは全く違った姿で、異彩を放っていた感じです。


NGJブースに展示した拙作


裕太さんのお言葉に甘えて拙作(ただいま挫折中)のHOn3のマイモジュールレイアウトのかけらを展示しました。
地鉄電車のイメージが強いので、『こんなのやってたの?』と多くの方から言われました。
実は10年ぐらい前からしこしこやっておりまして、裕太さんから『持ってこい』と言われたのに気をよくして出品しちゃいました。

機関車も活躍

その裕太さんの新作、リオグランデの有名な鉄橋シーンです。
聞くところによると、この大物を一か月余りで作ったとか。
手が速いですね。
私のバンブルビー号(黄色い機関車)も客車を牽引して活躍、充分に遊ばせていただきました。

コンテナが乱入!

というわけで、3日間の楽しい時間は終了。
撤収です。

乾杯イエイ

そして、カメラマン石井さんと帰宅の途に。
折しも開宴中のノーブルジョーカーさんの集まりにお邪魔して乾杯イエイ!
ビールが、会話が、美味しかったです。

これは!

そして、何とA0サイズぐらいのこの大図面!
これはあのダージリンの機関車の登場時の図面ではありませんか!

これも!

これもかなりコアな本です。
ダージリンにごく短期間しか居なかったといわれるガ―ラットのCAD図面集です。

デハ606-8 16.8.21 大門

3日間走り回って、いっぱい飲んで結構疲れましたが、楽しい3日間でした。
お会い出来た方々、ありがとうございました。

2016年8月20日土曜日

JAM初日の印象から

金曜日、JAMの初日に行ってきました。

2016.8.19 芝浦ふ頭ーお台場海浜公園
ゆりかもめで向かいます。
ここの車輌も代替わりが進んでいますね。
変な一つ目小僧が約半分を占めていました。

もうじき到着

相変わらずの迂回コースでここに来るころは嫌気がさしてきます。


着きました。
それでは取材の合間に気になった作品をいくつかレポートです。

まずは、鉄ちゃん倶楽部のブースから。

鉄ちゃん倶楽部の新作

同じ日にクリニックをするこちらを表敬訪問。
こちらは上越線に拘る鉄ちゃん倶楽部の新作です。
まだやり残しがあるようですが、既に凄い完成度。
各部に工夫があるのをいろいろ教わりました。
そのあたりはクリニックでご披露されるのでしょうから、ここでは控えておきます。

UCCさんの下神明

こちらは、先日のグランシップで初顔合わせが叶ったUCC珈琲さんの下神明。
いろいろと楽しいお話ができました。

モックアップだけでも凄いのだ

こちらは区画整理が終わってモックアップが並ぶ住宅密集地。
完成品でなくても、モックアップだけでも凄く雰囲気です。
先に場所ありきでその後にそれに合わせて建物を考える、というスタンスに共鳴しました。
この辺りがリアリティの源泉な気がします。

それ以外のサンポール作品も大変。
サンポール軍団は恐るべし集団ですね。


これは、ビックリ
今回一番インパクトがあったのはこのモジュール。
下総鉄道さんの水辺のモジュール。

凄まじい再現力!!!

これ、見てください!
凄まじいばかりの再現力です。
臭いまでしてきそうなリアリティにひたすら興奮しました。

これも良いですね

こちらも同じ方の別モジュール。
国鉄線と併用軌道が交差するシーン。
九州であったような光景です。

TOMIXのクモニ83

こちらは企業ブースから。
気になっている製品の初ショットを見れました。

眠くなったので、それ以外はまた明日かあさって・・・・報告します。

2016年8月18日木曜日

JAMの準備をしています

お盆も過ぎ、明日からはいよいよ国際鉄道模型コンベンション・JAMが始まります。

今回私はクリニックを一回やることになってしまいました。
人前でのおしゃべりするのは多くの方と同様苦手ですので気が進まないのですが、大学時代の先輩からの依頼を受けてしまったのでは断れませんでした。

実はビッグサイトでJAMが始まった年(たしか2001年だったと思います)に当時勤務していた青森からてこてこやって来て一回やったことがあるので、二回目であります。
前回の記憶は薄れていますが、その時はかなりパニックになっていた気がします。

そこで、前回の轍を踏まないように90分間を持たせるために昨日から慌ててネタを仕込んでいます。

慌てて工作中

同じくクリニックを担当する大久保さんやf.babaさんと話していたら、どちらの方も実演をするとの話でした。また手元を映すカメラがあるという話を聞きました。
パワポで誤魔化そうと思っていましたが、これはもう少し工夫をしなければと焦ったわけです。

そこで、折角なので工作の一部を実演することにしました。



こちらは築堤のジオラマです。
この先の一部工程は現場で作ろうかなと。
ただ、時間からしてほんの一工程の披露だけになりそうです。



こんなのも作ってみました。

これから先は、当日のお愉しみということで。

私は皆さんが疲れ切って帰る頃を狙って、最終日の日曜日の、更に最終回にしてもらいました。

2016年8月17日水曜日

電車区訪問 番外編・大船工場

久し振りの電車区訪問シリーズ、今回は番外編です。

大船電車区訪問の帰りに大船工場を覗いてみましたら
思わぬ電車が居ました。


クモハ40054 78.7.22 大船工場

このクモハ40は日光線で活躍していたもので、とうに廃車になっていると思っていました。
隣には供捧車らしき車両も居ました。



車号不明 78.7.22 大船工場

こちらがその車両です。


クハ111-1072(左)、クモヤ22202(右) 
79.8.22 大船工場引込線

また別の日の訪問ですが、こちらは大船工場へ入場する引込線で入場する電車の写真を撮りました。
この日は身延線の電車が検査入場するところ。



クモハ73337 79.8.28 大船工場引込線

こちらは工場への専用線で見かけた工場入出場車両の牽引用の電車。
用途済の電車が用いられていました。

クモハ73504 79.8.28 大船工場引込線

歴代どのような車両が使われてきたのかは知る由がありませんが、訪問時には
南武線で走っていたクモハ73などの電車が用いられていました。


2016年8月15日月曜日

1983年の夏 多摩川を渡る電車

先日、恒例のネガ捜索をしていたら、日付も分からないカットが見つかりました。
お盆休みの今日は、そんな偶然見つけたネガからです。
日付の分からないカットは2カット。
前後は全く違う場所で、まったく記憶に残っていないお出掛けです。


83.8 府中本町ー南多摩

懐かしい南武線の黄色い101系電車。
非冷房車の6輌編成ですね。
南武線は長らくセコハン電車の隠居路線というイメージで、近年の新車投入なんて思いもつかなかった頃です。
何故かぶどう色電車時代にここに来ていません。
この時もこれ一枚撮っただけで終わっています。
何の為に出掛けたのか、全く記憶がありません。

83.8 是政
その時の帰り道に撮った多摩川線電車。
のんびりとしていました。